書店様でご活用いただける情報や素材、注文書などをご提供いたします

『病気がみえる』の読者層と展開例

  • 『病気がみえる』は「チーム医療を担う全ての人たち」へのテキストとして編集されているため、
    読者層は多岐にわたります。
  • 特に、看護師と医学生が多く、
    助産師、理学療法士・作業療法士(および学生)、管理栄養士、薬剤師などの読者層が続きます。
  • 読者層を明確化しなければ売れないというセオリーを覆し、このような多方面からのご支持をいただきましたのは、
    多くの書店様が本書のコンセプトをご理解くださり、それぞれの店舗の特性に合わせて、
    効果的な展開をしてくださったご協力があってこそと存じます。
  • このような日ごろのご理解とご協力に対し、改めてお礼申し上げますと同時に、
    『病気がみえる』の展開例につきご紹介申し上げます。

主な読者層

医師・医学生
お勧めの巻:全巻
対応する棚:教科書や国試対策の棚、各系統(消化器、循環器など)の棚
看護師・看護学生
お勧めの巻:全巻
対応する棚:基礎看護、臨床看護
助産師・助産学生
お勧めの巻:『病気がみえる ”vol.9 婦人科” ”vol.10 産科”』
対応する棚:母性看護、助産
理学療法士・作業療法士
お勧めの巻:『病気がみえる ”vol.2 循環器” ”vol.4 呼吸器” ”vol.7 脳・神経”』
対応する棚:リハビリ関連
管理栄養士・学生
お勧めの巻:『病気がみえる ”vol.1 消化器” ”vol.3 糖尿病・代謝・内分泌” "vol.8 腎・泌尿器"』
対応する棚:栄養関連
薬剤師・薬学生
お勧めの巻:全巻
対応する棚:薬学

展開例

  1. その1:医学教科書・国試対策コーナーと基礎看護の棚の2ヶ所で展開
  2. その2:各系統で棚差し、看護コーナーで平積み、「売れてる書籍」で面陳と3ヶ所で展開
  3. その3:特設コーナーで展開

特設コーナーを設置していただきました

書店様が企画してくださったフェアや特設コーナーの様子を少しご紹介させていただきます。

三省堂書店・神保町店様でのメディックメディア特設コーナー[2010年4月〜]

三省堂書店・神保町店様では、2010年4月から、メディックメディア特設コーナーを設置していただいております。
『病気がみえる』も平台に並べていただきました。

紀伊国屋書店・新宿本店様での『病気がみえる』コーナー[2010年4月〜7月]

紀伊国屋書店・新宿本店様では、2010年4月から7月まで『病気がみえる』専用のコーナーを設置していただきました。

特設コーナー設置に際して、拡材提供などのご相談はメディックメディア営業部(03-3746-0284)までご連絡ください。

POPやポスターなどのデータは下記でダウンロードしてご利用いただけます。

POPをダウンロードして販促用としてお使いいただくことができます。

POP

UNDER CONSTRUCTION......

ポスター

UNDER CONSTRUCTION......

注文書ダウンロード

メディックメディア
『病気がみえる』注文書

注文書PDF ダウンロード