病気がみえる vol.6 免疫・膠原病・感染症

関節リウマチなどの膠原病、HIVなどの感染症を、
細胞・微生物レベルから徹底ビジュアライズ!

第1版 ISBN978-4-89632-309-2
定価(本体3,000円+税)
B5判 320頁

書籍版を購入

関節リウマチ新分類基準はこちらをクリック

立ち読み

病気がみえるイメージ

目次

免疫

免疫総論

免疫の概念と免疫系

自然免疫

獲得免疫

免疫の異常

免疫不全

原発性免疫不全症

アレルギー

アナフィラキシー(ショック)

アレルギー性鼻炎

アトピー性皮膚炎

薬物アレルギー/薬物過敏症

アレルギー性接触皮膚炎

膠原病

膠原病総論

膠原病総論

膠原病

関節リウマチ(RA)

若年性特発性関節炎(JIA)

成人Still病(ASD)

血清反応陰性脊椎関節炎

全身性エリテマトーデス(SLE)

強皮症(全身性強皮症,SSc)

多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)

混合性結合組織病(MCTD)

Sjo¨gren症候群(SjS)

Behcet病

血管炎症候群

結節性多発動脈炎(PN)

顕微鏡的多発血管炎(MPA)

アレルギー性肉芽腫性血管炎(AGA)

Wegener肉芽腫症(WG)

側頭動脈炎(TA)

感染症

感染症総論

感染症総論

細菌感染症

細菌

抗菌薬

グラム陽性菌

ブドウ球菌感染症

レンサ球菌感染症

ジフテリア

グラム陰性菌

大腸菌感染症

細菌性赤痢

腸チフス・パラチフス

サルモネラ感染症

コレラ

カンピロバクター感染症

百日咳

緑膿菌感染症

レジオネラ症

淋菌感染症

嫌気性菌

ボツリヌス症

破傷風

ガス壊疽

抗酸菌

抗酸菌感染症

スピロヘータ

梅毒

非定型細菌

クラミジア感染症

リケッチア感染症

マイコプラズマ感染症

ウイルス感染症

ウイルス

かぜ症候群

インフルエンザ

ウイルス性下痢症

麻疹

風疹

流行性耳下腺炎

ヘルペスウイルス感染症

尖圭コンジローマ

伝染性紅斑

アデノウイルス感染症

エンテロウイルス感染症

ウイルス性脳炎

ウイルス性出血熱

HIV感染症/AIDS

真菌感染症

真菌

カンジダ症

クリプトコックス症

寄生虫感染症

原虫

マラリア

赤痢アメーバ症

腟トリコモナス症

蠕虫

監修者一覧

監修

森尾 友宏
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 発生発達病態学分野 准教授
東京医科歯科大学医学部附属病院 細胞治療センター長
谷口 正実
独立行政法人 国立病院機構相模原病院 外来部長
安部 正敏
群馬大学大学院 医学系研究科 皮膚科学 講師
岳野 光洋
横浜市立大学大学院 病態免疫制御内科 准教授
三村 俊英
埼玉医科大学 リウマチ膠原病科 教授
笠間 毅
昭和大学 リウマチ膠原病内科 准教授
古谷野 伸
旭川医科大学 小児科学講座
舘田 一博
東邦大学医学部 微生物・感染症学講座 准教授
西谷 肇
帝京大学医学部 内科学講座 准教授
青島 正大
石心会 狭山病院 副院長・呼吸器内科部長
豊田 惠美子
独立行政法人 国立病院機構東京病院 呼吸器科 医長
石井 則久
国立感染症研究所 ハンセン病研究センター センター長
岸本 寿男
岡山県環境保健センター 所長/元国立感染症研究所 ウイルス第一部 第五室 室長
木村 宏
名古屋大学大学院 医学系研究科 ウイルス学分野 准教授
三鴨 廣繁
愛知医科大学病院 感染制御部 教授
岩佐 和夫
金沢大学大学院 医学系研究科 脳老化・神経病態学 准教授
高崎 智彦
国立感染症研究所 ウイルス第一部 第二室 室長
西條 政幸
国立感染症研究所 ウイルス第一部 第三室 室長
山元 泰之
東京医科大学 臨床検査医学講座 臨床准教授
荒瀬 康司
虎の門病院 肝臓センター・健康管理センター・内科部長
吉田 耕一郎
昭和大学医学部 臨床感染症学 准教授
大前 比呂思
国立感染症研究所 寄生動物部 室長
片山 一朗
大阪大学大学院 医学系研究科 皮膚科学講座 教授

ご所属は発行時のものです。

読者の声

微生物学の実習の予習に使ってとても役に立ちました。免疫学の混沌とした知識も、整
理して覚えることができました。
(福岡県 栄養学生 M.K.さん)
細菌感染症について知りたい情報を網羅していたので、実習生を指導する際も大変使い
やすかった。
(神奈川県 薬剤師 R.W.さん)
学びにくい膠原病分野を非常にわかりやすく示しており、医師になった後も長くつきあ
っていきたい一冊だと感じました。
(京都府 医学生 T.K.さん)
大学でアレルギーの分類を問うテストがあり、この本の表をベースに勉強したらとても
覚えやすかったです。
(石川県 医学生 R.I.さん)

関節リウマチの分類基準が改訂されました

ACR/EULAR 新分類基準

PDF ダウンロード(270KB)

2010年に,
アメリカリウマチ学会(ACR)とヨーロッパリウマチ学会(EULAR)
との合同による新たな関節リウマチ分類基準が発表されました。
『病気がみえる vol.6 免疫・膠原病・感染症』はこの改訂前に発行されているため、
新分類基準のポイントを追加版としてまとめました。
どうぞ、ご利用ください。