正誤表

小社発行書籍をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
書籍につきまして誤りがございましたので、正誤表にて訂正させていただきます。
ご利用の皆さまにご迷惑をおかけ致しましたことを深くお詫び申し上げます。

今後も皆様からご指摘のありました箇所は、各専門の先生に検討していただき随時報告していきます。

一部機種依存文字のため使用できない文字があり、
  わかりにくくなっているところもあります
 (○で囲まれた数字やローマ数字は使用を控えております)

何かご質問や訂正箇所がありましたら是非お教えください。

Vol.1 消化器

  • 第5版 第1〜3刷
  • 第4版 第1〜13刷
  • 第3版 第1〜4刷
  • 第2版 第1刷
  • 第1版 第1・2刷

(2017/5更新)

項 目
19 下痢の病態と原因疾患 〔第5版 第1刷〕
塩類下

塩類下
94 H. pyloriとは 〔第5版 第1刷〕
透過型電子顕微鏡像

走査型電子顕微鏡像
96 除菌療法 〔第5版 第1刷〕
クラスロマイシン

クラスロマイシン
107 消化性潰瘍に対する治療 〔第5版 第1〜2刷〕
【誤】NSAIDs中止からの矢印の行き先(H. pylori陽性
【正】NSAIDs中止からの矢印の行き先(NSAIDsなし

218,475 内ヘルニア,索引 〔第5版 第1〜3刷〕
Peterson's defectヘルニア

Petersen's defectヘルニア
268 感染経路と経過 〔第5版 第1〜3刷〕

299 腹水治療 注釈 〔第5版 第1刷〕
腹腔-静脈シャントの適応

腹腔-静脈シャントの除外基準
345 補足事項 〔第5版 第1刷〕
肺炎菌による肝膿瘍は〜

肺炎菌による肝膿瘍は〜
351,473 膵臓の解剖,索引 〔第5版 第1〜3刷〕
Santrini管

Santorini管
375 経皮経肝胆道ドレナージ(PTBD) 〔第5版 第1刷〕
PTBDは,日本では習慣的にPTCDともよばれている.和製英語のため海外では使用されない.

PTBDは,PTCDともよばれている.
473 索引 〔第5版 第1〜3刷〕
AFI(自蛍光観察)

AFI(自蛍光観察)
475 索引 〔第5版 第1刷〕
Menetrie病

Ménétrier

(2013/10更新)

項 目
56 十二指腸の解剖 〔第4版 第1〜8刷〕

130 words & terms FOLFOX療法 〔第4版 第1〜9刷〕
folic acid

folinic acid
191 B型肝炎/感染経路/乳幼児の場合(図中) 〔第4版 第1〜6刷〕
治癒10%未満 慢性化90%以上

治癒90%以上 慢性化10%未満
203 Child-Pugh分類表中のプロトロンビン時間 〔第4版 第1〜13刷〕
スコア1:80%以上 スコア2:50-80% スコア3:50%未満

スコア1:70%以上 スコア2:40-70% スコア3:40%未満
267 ERCP像(画像右下の説明) 〔第1版 第1刷〕
この症例では,拡張が総胆管〜総肝管〜肝門部肝管へおよび,戸谷分類IV-A型と考えられる.

この症例では,拡張が総胆管〜総肝管〜肝門部胆管へおよび,戸谷分類IV-A型と考えられる.
276 Minimum Essence・治療「2重症例での特殊治療」 〔第4版 第1〜5刷〕
A蛋白質分解酵素・抗菌薬膵局所動注療法

A蛋白質分解酵素阻害薬・抗菌薬膵局所動注療法

(2009/6 更新)

項 目
9 代表的な消化管ホルモン(表中)
CCKの主な作用
[第3版 第1〜4刷]
胃液分泌促進

Oddi括約筋の弛緩
34 X線造影像 [第3版 第1〜4刷]
【誤】
X線造影像 誤
【正】
X線造影像 正
42 ME 〔第3版 第1〜3刷〕
(3)食道X線造影で,噴門直上のくちばし状変形(pig tall)がみられ,

(3)食道X線造影で,噴門直上のくちばし状変形がみられ,
43 X線造影 〔第3版 第1〜3刷〕
くちばし状変形(pig tall)

くちばし状変形
54 H.pyloriの影響 〔第3版 第1〜3刷〕
Helicobactor.pylori

Helicobacter.pylori
57 年齢で変わる好発部位 〔第3版 第1・2刷〕
●大弯側の腫瘍はまれである.

●大弯側の潰瘍はまれである.
62 鳥肌胃炎の内視鏡像 〔第3版 第1・2刷〕
●H.pylori性の比較的若年者にみられる鳥肌胃炎の像である.

●H.pylori性の比較的若年者にみられる鳥肌胃炎の像である.
85 急性膵炎の鑑別診断
急性膵炎→壊死
〔第3版 第1・2刷〕
臓が壊死を起こして腹膜炎になると症状が激化.

●膵臓が壊死を起こして腹膜炎になると症状が激化.
134 肝臓の解剖(正面イラスト中) 〔第3版 第1・2刷〕
総胆

総胆
134 腹部単純CT像 [第3版 第1〜4刷]
【誤】
CT像 誤
【正】
CT像 正
140 腹部エコー像(副タイトル) 〔第3版 第1〜4刷〕
性の低い検査

性の低い検査
140 腹部CT像  
[第3版 第1〜4刷]
【誤】
CT像 誤
【正】
CT像 正
160 ME 〔第3版 第2刷〕
ウルソデキオシコール酸

ウルソデオキシコール酸
171 非アルコール性脂肪肝炎(NASH) 〔第3版 第1〜4刷〕
●脂肪肝に加え炎症に加え炎症や繊維化所見

●脂肪肝に加え炎症や繊維化所見
223 膵機能検査(表中)
目的最下段
[第3版 第1〜3刷]
泌機能をみる

内分泌機能をみる
231 腹部造影CT像 [第3版 第1〜3刷]
膵癌は造影されない低吸収域としてみられる(hypervascular

膵癌は造影されない低吸収域としてみられる(hypovascular

(2007/6 更新)

項 目
9 代表的な消化管ホルモン
(表中:左2段目)
●膵酵素分泌促進 [削除]
47 横隔膜ヘルニア ヘルニアは,腹部臓器が腹膜に被われたまま皮下で脱出したものである.
ヘルニアは,腹膜から生じた裂隙から腹部臓器が脱出したもので,ヘルニア_は皮下まで達していない.
ヘルニアは,腹部臓器が腹膜に被われたまま腹腔外に脱出したものである.
ヘルニアは,腹腔内の陥凹や裂隙に腹部臓器が嵌入したものである.
57 潰瘍の好発部位
(表中:左2段目)
体部線領域 線領域
82 ME 抗TNF抗体 抗TNF抗体
99 直腸癌の転移
様式(表中)
内腸骨静脈,下大静脈を介して肺に転移(最多) 門脈を介して肝に転移(最多)
●上部結腸以外 ●中部直腸〜肛門部
140 肝不全の症状
解説文(2ヵ所)
メルカプタン メチルメルカプタン
148 見出し ウイルス肝性炎の種類と特徴 ウイルス性肝炎の種類と特徴
157 慢性ウイルス性肝炎の治療法(表中) INH IFN
157 慢性ウイルス性肝炎の治療法(本文) トランスフェラーゼ トランスアミナーゼ
160 ME 補足事項 非アルコール性脂肪肝 非アルコール性脂肪
162 ME perivenular fibrosi centrolobular fibrosi
162 ME 補足事項 非アルコール性脂肪肝 非アルコール性脂肪
176 本文(2ヵ所) 内胆管癌 内胆管癌
184 本文 本来は門脈により栄養されている.このため正常肝細胞も肝動脈により栄養されている,このためTAFを行うと… 本来は門脈により栄養されている正常肝細胞も肝動脈により栄養されている,このためTAEを行うと…

(2005/2 更新 )

項 目
A-13 食道の横断面図 〔第1版 第1・2刷〕
粗製結合組織

疎性
A-26 略語 〔第1版 第1刷〕
lower esophageal sphincteral

lower esophageal sphincter
A-27 (balloonによる強制的噴門拡張術) 〔第1版 第1刷〕
baloon

balloon
A-65 拇指圧痕像について 〔第1版 第1・2刷〕
〔解説中2箇所〕指圧痕像

A-73 消化管ポリポーシスの分類と合併症 〔第1版 第1刷〕
Tarcot

Turcot
B-4 略語 〔第1版 第1刷〕
aminotransferse

aminotransferase
B-7 ビリルビン代謝と黄疸の発生機序 〔第1版 第1刷〕
〔新生児〜乳児期に発症する黄疸ノ表内〕
UDP-グルクロニルトランスフーゼ
UDP-グルクロニルトランスフェラーゼ
B-11 略語 〔第1版 第1刷〕
hepatitis Be〔antigen〕

hepatitis B e〔antigen〕
B-12 ■肝炎ウイルスマーカー 〔第1版 第1・2刷〕
〔B型急性肝炎ノグラフ中〕

[cesの順]



[cesの順]
B-12 病理組織像 〔第1版 第1刷〕
(balloning cell)

(ballooning cell)
B-19 略語 〔第1版 第1刷〕
izoniazid

isoniazid
B-37 手術以外の肝細胞癌根治療法 〔第1版 第1刷〕
radio freguency tissue

radio frequency tissue
B-56 keyword 〔第1版 第1・2刷〕
〔テタニーノ項〕trousseaa

trousseau