正誤表

小社発行書籍をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
書籍につきまして誤りがございましたので、正誤表にて訂正させていただきます。
ご利用の皆さまにご迷惑をおかけ致しましたことを深くお詫び申し上げます。

今後も皆様からご指摘のありました箇所は、各専門の先生に検討していただき随時報告していきます。

一部機種依存文字のため使用できない文字があり、
  わかりにくくなっているところもあります
 (○で囲まれた数字やローマ数字は使用を控えております)

何かご質問や訂正箇所がありましたら是非お教えください。

Vol.4 呼吸器

  • 第2版 第1〜8刷
  • 第1版 第1〜11刷

(2017/7 更新)

項 目
9 肺区域の解剖 〔第2版 第1〜2刷〕

285 胸膜疾患による症状 〔第2版 第1刷〕
●病変による側胸膜への刺激が…

●病変による側胸膜への刺激が…
306 種類 〔第2版 第1〜8刷〕
●腫瘍マーカーとして,胎児性癌ではCEA,〜

●腫瘍マーカーとして,胎児性癌ではAFP,〜

(2011/8 更新)

項 目
11 肺サーファクタント 〔第1版 第1刷〕
●肺胞のII型肺上皮胞細胞から〜

●肺胞のII型肺胞上皮細胞から〜
26 実際のガス交換 〔第1版 第1刷〕
●このため、肺胞気の酸素分圧(PaO2)に比べ〜
●このため、肺胞気の酸素分圧(PAO2)に比べ〜
27 実際のガス交換 〔第1版 第1・2刷〕
VA/Qは肺尖部で,肺底部でとなります.

VA/Qは肺尖部で,肺底部でとなります.
30 W&Tリン酸緩衝系 〔第1版 第1〜11刷〕
H2PO4矢印H+ + HPO4-
H2PO4-矢印H+ + HPO42-
33 体内でのH+濃度の表し方(pH) 〔第1版 第1〜10刷〕
H+:0.00036〜0.00045mEq/L

H+:0.000036〜0.000045mEq/L
〔第1版 第1〜10刷〕
血中:0.0004mEq/L

血中:0.00004mEq/L
37 表中 2.拡散障害の図 [第1版 第1〜7刷]
PAO2

PaO2
39 拡散能測定にCOを用いる理由
図中
[第1版 第1〜7刷]
一酸化酸素

一酸化炭素
53 胸部X線像の正面像 シェーマ [第1版 第1〜7刷]
【誤】
シェーマ 誤
【正】
シェーマ 正
62 air bronchogram
胸部X線像
〔第1版 第1〜10刷〕
下葉の〜

下葉の〜
64 瘤影 胸部X線像 〔第1版 第1〜3刷〕
左下肺野に境界不明瞭な〜

右上肺野に境界不明瞭な
74 細菌性肺炎の原因菌(図表) 〔第1版 第1〜3刷〕
モラクセラ・カタラーリスが,グラム陰性桿菌に分類されている.

モラクセラ・カタラーリスは,グラム陰性球菌.
74 細菌性肺炎の原因菌
表 グラム陰性桿菌のセル
〔第1版 第1〜11刷〕
Pseudonmonas

(nを削除)Pseudomonas
78 モラクセラ・カタラーリス(本文1行目) 〔第1版 第1〜3刷〕
Moraxxella

Moraxella
85 レジオネラ肺炎
(治療)
〔第1版 第1〜3刷〕
エリスロマイシン

エリスロマイシン
86 非定型肺炎の分類
(図表中:Q熱の原因菌)
〔第1版 第1〜3刷〕
Coxiella burnetti

Coxiella burnetii
86 非定型肺炎の分類
(図表中:Q熱の特徴)
〔第1版 第1〜3刷〕
リケッチアの一種

レジオネラの一種
101 塗抹検査・判定方法 表中(蛍光法・2+のセル) 〔第1版 第1〜11刷〕
≧20/30視野

≧20/10視野
137 病理組織所見
(シェーマ)
〔第1版 第1刷〕
シェーマ 誤
シェーマ 正
148 予測肺活量 女性の計算式 [第1版 第8刷]
27.78-0.101×…

21.78-0.101×…
155 間質性肺炎と肺胞性肺炎 〔第1版 第1刷〕
肺胞性肺炎(狭義の肺炎)〔173頁〕

肺胞性肺炎(狭義の肺炎)〔73頁〕
188 TNM分類 T1 〔第1版 第1〜10刷〕
臓側内膜に囲まれている

臓側胸膜に囲まれている
198 補足事項 〔第1版 第1刷〕
●ACTH・ADA産生や〜
●ACTH・ADH産生や〜
209 肺塞栓症の発症
(塞栓子の運搬:図中)
〔第1版 第1〜3刷〕
心房

心房
254 胚細胞性腫瘍(補足事項1行目) 〔第1版 第1〜11刷〕
葉成分,内葉成分が〜

葉成分,内葉成分が〜
279 右上葉無気肺の胸部X線像(側面像シェーマ) 〔第1版 第1〜3刷〕
過膨張した中葉 過膨張した下葉

過膨張した下葉 過膨張した中葉
(中葉と下葉が逆)
281 正常な打診音(図タイトル) 〔第1版 第1〜11刷〕
一般的な正常呼吸音領域

一般的な正常打診音領域
282 聴診部位(図タイトル) 〔第1版 第1〜11刷〕
正常な打診音領域

正常な呼吸音領域
283 気管支肺胞呼吸音 〔第1版 第1〜3刷〕
吸気時の方がやや高調で大きい.
呼気時の方がやや高調で大きい.
286 索引「か」 〔第1版 第1〜11刷〕
過誤腫 240
過誤腫 204
290 索引「と」 〔第1版 第1〜11刷〕
特発性肺線維症(IPE
特発性肺線維症(IPF
291 索引「ひ」 〔第1版 第1〜11刷〕
びまん性細気管支炎
びまん性細気管支炎(DPB)
293 索引「I」 〔第1版 第1〜3刷〕
IPE(特発性肺線維症)
IPF(特発性肺線維症)
巻末 呼吸器疾患に使用される薬剤(肺循環障害/利尿薬) 〔第1版 第5〜12刷〕
ループ利尿薬

フロセミド→ループ利尿薬
スピロノラクトン→K保持性利尿薬