くらべる

「分ける」ことが「分かる」こと

  • 疾患や病態を最も効果的に解説する方法は、「正常と比べる」ことです。
  • 「分かる」の語源が「分ける」であることからも明らかなように、
    本質を理解するということは「違いが分かる」ということなのです。
  • 『病気がみえる』では、多くの項目でこの対比を意識した視覚化を行っています。
  • この「対比した表現」は学生にとって分かりやすいだけでなく、
    講義などで教える側も解説しやすくなります。
  • もちろん「対比した表現」 は病態だけではありません。
    「治療前・治療後」、「分類」など様々な場面で「対比」が活躍します。

NEXT→

特徴TOPへ→