イメージ化する

まず好きになることが大切

  • 一般的な教科書で生理や病態を勉強しているとき、
    特に抽象度が高いテーマでは、
    文章だけの説明では具体的に疾患のイメージをもつことができず、
    理解できたという実感を得にくいことがあり、
    勉強を敬遠することにつながることもあります。
  • 一方、『病気がみえる』はたとえ理解しにくい抽象的な内容であっても、
    親しみやすいイラストやキャラクター、
    ときには「たとえ話」的な表現を用いてイメージしやすく解説し、
    初学者でも分かりやすいように工夫を凝らして表現しています。
    分かるようになるから、勉強が好きになれます。
  • また、患者の方々への説明にも、こうしたイラストが活躍します。

NEXT→

特徴TOPへ→